【仮想通貨FX(ビットコインFX)とは?】暗号資産/仮想通貨にもFXがあるの知ってましたか?

「仮想通貨FX」とは、まるでFXのように仮想通貨を売買できるサービスのことです。仮想通貨取引に外国為替関連の商品である「FX」の名前がついていることので紛らわしいのですが、簡単に言えば、仮想通貨/暗号資産の証拠金取引となります。この仮想通貨・暗号資産の証拠金となるのは、国内の取引所の場合は、日本円またはBTC(ビットコイン)、海外取引所では、BTC(ビットコイン)やUSDT(USテザー)、USDC(USDコイン)となることが多くなります。

仮想通貨FXにおけるメリットや特徴

「FX」がついていることで仮想通貨FXには通常の仮想通貨取引にはないメリットや特徴があります。当記事では特徴や仮想通貨FXだからこそできることにスポットをあてて、詳しく解説していきます。

仮想通貨FXとは、ビットコインなどの仮想通貨を「FXの仕組み」を用いて取引する方法のこと。
FXは為替の証拠金取引のことで、この証拠金取引を仮想通貨/暗号資産の取引でも行うことになります。

FXでは、「買った/売った価格」と「売った/買い戻した価格」の「差額」によって損益が決まります。ここでは、FXは「価格差」を取引していると覚えておけばOKです。そのため、FXは「差金取引」とも呼ばれています。

このFXの仕組みを利用した仮想通貨の取引方法が「仮想通貨FX」です。仮想通貨FXでは、仮想通貨の証拠金トロ引きの方法を活用し、「売買価格差」を取引することになります。

仮想通貨の通常取引(現物取引)と比べた際のメリットとしては、レバレッジを利かせることができる、という点。
また、証拠金として使う保有仮想通貨を固定していくことができるので、納税の際の利益確定ポイントを確定しやすいという点が挙げられるかと思います。

仮想通貨FXの取引と現物取引の違い

上記でも書いた通り、仮想通貨FXは証拠金を元本に自分が保有したい仮想通貨を買ったり・売ったりするポジションを持つことで、その相場の上り下がりの差で収益を上げます。対して現物取引は、イメージとしては、仮想通貨を直接購入し、貯金するようなイメージです。その仮想通貨の相場が上がれば利益になり、相場が下がれば損となります。

2022年7月現在、仮想通貨の相場はビットコインを始めとして、数年間の中でかなり低い相場となっているので、買い時であるということも言えるかもしれませんが、現物取引で仮想通貨を購入し利益が出るまでの期間としては、数か月から数年を見ておく必要があると思われます。

仮想通貨FXの取引と現物取引の違い2 FXは相場が値下がりの際も利益を出せる

為替のFXと同じように、仮想通貨でも、ショート(売り)のポジションを取ることにより、相場下落時でも利益を上げることが可能です。これは現物取引にはない大きなメリットになるかと思います。

仮想通貨FXのレバレッジの大きさ、最大レバレッジ

仮想通貨FXのレバレッジの大きさは、国内取引所ですと10倍程度ですが、バイビットなどの海外取引所の場合は仮想通貨ごとに最大レバレッジは異なる代表的な仮想通貨であるビットコインの場合は、最大100倍のレバレッジを利かせることが可能です。

仮想通貨FXのお勧め取引所などの情報

仮想通貨FXのお勧めの取引所の情報ですが、国内の仮想通貨・暗号資産取引所販売所等は仮想通貨FXを利用する活用するには実はあまり向いていません。

私たちがお勧めする仮想通貨FXお勧め取引所はバイビットなどの海外の取引所になります。

海外の取引所は日本国内の取引所と異なり日本政府の認可を受けていない取引所となってしまうのですかUSDT等のステーブルコインを活用することによって、仮想通貨FXの取引ができるなど日本国内の取引所や販売所にはない安定したFXの取引ができるメリットがあります。

現在のところUSDTやUSDC等のステーブルコインは国内の取引所においては取り扱いができる販売所はありません。
ですのでFXの証拠金となる部分の仮想通貨はビットコインしか利用できない現場においては安定的な仮想通貨FXを国内人か販売所に置いて運用するのは難しいのではないかと考えていますまた別のページで、バイビットなどの海外の販売上の紹介記事を掲載する予定ですのでぜひそちらをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました