仮想通貨の購入の仕方・仮想通貨での支払いの仕方をご紹介

暗号資産の運用を始めてみたいけれど、どうしたらいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。
今回は、仮想通貨の購入の仕方や、仮想通貨での決済の仕方をご紹介します。

仮想通貨の購入方法

仮想通貨を購入する方法は、一般的な証券取引に似ています。
証券取引の経験がある方は、初めてでも迷わずスムーズに購入ができるはずです。
経験がない方でも、意外と簡単に購入できますよ。

1.暗号資産取引所の口座を開設する

一般的な証券取引と同じく、暗号資産の取引を始めるには口座が必要です。
口座開設はインターネットで行えるので、ハードルが低いのが嬉しいですね。
口座開設には、本人確認書類が必要です。
審査もありますが、レバレッジを利用する場合でなければ基本的にはどなたでも通ると言われています。
審査にかかる時間は、取引所によって異なります。

2.指定の銀行口座に日本円を入金する

口座開設が完了したら、指定の銀行口座に日本円を入金します。
資産を購入する前に入金が必要となるのも、一般的な証券取引と同じですね。

3.購入するコインを選択

入金が完了したら、いよいよ購入です。
まずは、購入するコインを選択します。
購入できるコインの銘柄は、取引所によって異なります。
これまでの値動きなどを参考に選んでみましょう。

4.暗号資産を購入する

コインを選んだら、購入する数量を指定し購入します。
購入の最低額は取引所によって異なりますが、小額から取引をはじめられるところがほとんどです。
また、仮想通貨は値動きが激しいため、同じ日でもタイミングによって値段が大きく変わることがあります。
購入のタイミングを見極めるのも重要ですね。

暗号資産での支払い方法

購入した暗号資産は、資産として保有しておくだけでなく、支払いにも使えます。
いくつか代表的な使用例をご紹介します。

お店での決済に利用する

暗号資産は、電子マネーのような使い道も期待されています。
現在多く普及しているのが、ビットコイン決済。
日本国内でもビットコインでの決済ができるお店やサービスが増えてきています。
日本円に戻さなくても暗号資産を支払いに活用できるというのは、非常に便利ですね。
また、円安や円高など為替の影響を受けにくいのも大きな魅力です。

他の暗号資産購入に利用する

暗号資産取引所では、日本円だけでなく、暗号資産で別の暗号資産を購入することもできます。
海外の取引所や、マイナーなコインなどは、ビットコインやイーサリアムで支払うのが一般的となっています。
少ない種類のコインから始めて、少しずつ違うコインにもリスク分散していくという投資の仕方もおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました