初めての暗号資産デビューにおすすめの人気国内取引所をご紹介

暗号資産の取引には、暗号資産取引所を利用します。
暗号資産取引所を使えば、オンラインで暗号資産の売買や交換が行えます。
取引所の運営を行うには、暗号資産交換業者として金融庁・財務局に登録する必要があります。
中には無登録で取引所を運営している取引所もあるため、注意が必要です。
今回は、金融庁・財務局に登録があり、人気の国内取引所をご紹介します。

コインチェック

コインチェックは、2014年から運営されている老舗の取引所です。
マネックスグループの子会社で、信頼性が高いのが魅力。
スマホの取引アプリは、国内暗号資産アプリでダウンロード数No.1!
取引できる銘柄は全18種類と多く、日本国内初となる通貨の取り扱いも。
保有している仮想通貨を貸し出すことで利用料がもらえる「貸仮想通貨」や、毎月1万円から仮想通貨の積み立て投資ができる「Coincheckつみたて」など長期保有向けサービスも。
暗号資産初心者の方にも上級者の方にもおすすめです。

DMMビットコイン

手数料を節約したい方には、DMMビットコインがおすすめ。
入出金・入出庫、取引手数料が無料となっています。
取引手数料が無料の取引所は少ないため、かなり魅力的なポイントです。
さらに、国内暗号資産取引所唯一の「BitMatch」機能を搭載。
スプレッドを気にせずに取引ができます。
取り扱い銘柄も多く、2倍のレバレッジ取引も可能です。

ビットフライヤー

ビットフライヤーは、2014年からビットコイン関連のサービスを提供している老舗の取引所です。
2016年~2021年の国内暗号資産交換業者におけるビットコイン取引量が6年連続No.1
ビットコインに強いイメージがある取引所ですが、他にもたくさんのコインを取り扱っています。
Tポイントをビットコインに交換できるサービスや、普段のお買い物でビットコインが溜まる「bitFlyerクレカ」も。
ポイ活が好きな方にもおすすめの取引所です。

GMOコイン

沢山の種類の中からコインを選びたい方には、「GMOコイン」がおすすめ。
国内取引所では最多の20銘柄の取引ができます。
取引所と販売所の両方に対応しており、シーンに合わせて使い分けが可能。
サポートやセキュリティも充実しているので、初心者の方にも上級者の方にもおすすめです。

SBI VCトレード

有名な銘柄に絞ってシンプルに取引がしたい方には、SBI VCトレードがおすすめ。
SBIホールディングスの子会社で、2016年からの歴史があります。
取り扱い銘柄は7種類。
有名銘柄に絞っているため、迷うことなく投資ができます。
住信SBIネット銀行への出金が無料のため、住信SBIネット銀行の口座をお持ちの方にはとても便利。
他の銀行の場合も、手数料145円とかなり安めに設定されています。
SBIホールディングスのサービスを多く利用されている方にはとても便利な取引所です。

ビットポイント

他の国内取引所にはない珍しいコインの取引がしたい方には、ビットポイントがおすすめ。
トロン、エイダ、ジャスミーなど、国内で唯一取り扱っているコインも多いです。
ジャスミーは日本生まれの仮想通貨ですので、国産仮想通貨を応援したい方にもおすすめです。
ビットポイントは各種手数料が無料となっており、手数料を気にせず利用できるのも魅力的。
レバレッジがないため、地に足の着いた取引をしたい方にぴったりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました